Staff blog

シャムロックのスタッフが綴るゆかいな徒然日記!!


うーな

2008年、夏、コーク


こんにちは。うーなです。

もうすでにしおりちゃんとモモエちゃんが今のコークの様子を書いてますが、

私は8年前のコークにおりました。

当時ワーキングホリデー(アイルランド)のビザが始まったばかりで、

大学2年生だったわたしは交換留学試験に落ちてしまい、今いかなきゃ!!と親を説得。

留学用に貯めていた貯金とともに1年休学して飛び立ったのです。

着いた日にロストバゲッジに遭い(2度と戻ってこず、帰国後にごめんね☆というお手紙いただきました。)、

ホストマザーとは折が合わなかったり、

リーマンショックが起きたので英語も仕事もろくにできない小娘なぞ雇ってもらえるわけもなく(ちゃんとバイトしてる友人はたくさんいましたよ!!誤解のなきよう)、

開き直ったわたしは呑んだくれて帰ってきました。


↑友達とリンキン・パークのライブへ行きました。みんな両手にビールです。

それでもアイルランドには、やっぱり美しい景色や、

自分たちの国が、まちがだいすきだといえる人たちが、いたのです。

そもそもアイルランドに行きたいと思ったのは、厳しい歴史の中で自分たちの誇りだとか文化だとかを絶えさせなかった強さを感じていたからでした。

アイルランドの国語はゲール語です。みんな英語話せるけど、法律でも第2公用語として定められてます。

道路標識や公文書もゲール語(と英語)で出されます。長い間抑圧されてたので、自分たちの文化的な面を守ることに注力するんですね。

これにはイェーツという教育者で詩人が活躍するのですが…


(各銀行が発行していたポンド紙幣)
さて、じっさい向こうで出会った友人は、どの国の人も自分の生まれたまちを想ってました。これは私にとって奇跡でした。

わたしはどうなんだろ??と振り返るキッカケになったからです(`・∀・´)

おかげで帰ってきてからはナゴヤの街を、面白いと思うべく動き出すことになりました。

↑ コーク市内にある湖。アイルランド語で湖はラックといいます

なかなかお店ではゆっくりアイルランドについて話すことも多くないですが、話しかけてもらえたら嬉しいですね(╹◡╹)

うーな


haruo

モハーの断崖


先日名古屋でも大雪となりましたね。

朝からの雪降る中くたびれたスタッドレスタイヤを装着した車で日本のモハーの断崖でもある福井県の東尋坊に行きました。東尋坊といえば…恐怖的な崖ですね

アイルランド西部のモハーの断崖を思いながら数分しか外に出れないぐらいの寒さでした。

時間調整にはあまりにも過酷でした。

 

風速20メートル級!

 

今回の目的は越前カニとスノーボードです。

カニの甘みと新雪パウダーは最高です。

そして福井の素晴らしい事をたくさん発見する良い旅となりました。

3月末に初めて福井県で、セントパトリックデーパレードを開催するようです。

また行ってみたくなりました。

 

 

 

 

 


はるか

落語


落語の受付をしてきました。
時々いろんな劇場やホールの受付のお手伝いをしています。

受付 と言ってもいろんなお仕事があります。
私はテーブルの前でご予約の確認をしたり、チケットをお渡ししたりするポジションに着くことはほぼありません。

会場内のご案内、お席への誘導、物販、チケットの拝見、当日のパンフレットのお渡し、プレゼントのお受取り などなど、その他のポジションで終演まで心地よく楽しんでいただけるようお手伝いしています。

舞台に立っている時は勿論、スタッフとして関わっている時も楽しいです。

今回は物販に入っていたのですが、いつも勉強不足だなぁと感じます。

このCDはいつ出たの?とか、この演目はどんなお話?面白い?とかとか聞かれても私はそのお品とは初対面ですのでよく分かりません…
なんてことは言えないので、よく知っているもうひと方に丸投げです。
説明を盗み聞いて次の方へ活かします。

しかし毎回お手伝いしている訳ではなく、品数も噺の数も多いので、つまりは覚えられません。
ただ落語を聞くだけなら簡単なのに説明となると難しい、詳しくなりたいと思いますが覚えられません。

説明出来て初めて理解していると言える と言いますが、そうか、実は解っていないのだな と。
確かに解ったつもりになっているだけかも知れないな と。

説明の上手い人の頭の中はどうなっているのでしょうか?
それだけ人に話す機会があるということなのか、そうするとその場に慣れているということですか、そうですか。

私は人見知りで、人と話すことが苦手です。
でも人が話すのは好きなので、人と話すことが好きです。
上手くは話せないけれど、その機会に多く出会えば少しずつでも上達するかもしれない と、接客の仕事を続けています。
今はまだ上手くなっている気はしませんが(笑)楽しくはなってきました。
60歳くらいになったら上手くなるかな、ゆっくり成長していこうと思っています。

落語や浪曲など、面白いのは勿論、そういった面でもとても勉強になりますね。

はるか


そがわ

あけましておめでとうございました!


いつのまにか、今月も半分が過ぎましたー!

早いですね!!

まだご挨拶できていない方、たくさんいらっしゃいますが、あけましておめでとうございます!!!!

年始は岡崎の一畑山薬師寺で初詣をしたり、東京に日帰りで遊びに行ったりお休みを満喫いたしました!

初めてスカイツリーに登りましたよ〜

残念ながら富士山は見れませんでしたが、東京を一望?できたんじゃないかなーと思います🎵

午後は、なぜか寅さんゆかりの地に行ってきました(^ ^)

映画に登場したセットとか、寅さんの一生をみて、ちゃんとみたことないので、全作品見てみたいなーと思いました。

なんか、昭和ってほっこりします(o^^o)

締めくくりがわからなくなったのでここまで!

それでは、本年もよろしくお願いいたします!!





もも

シャムロック コーク支部より報告です


 初めまして!スタッフしおりさんと共にアイルランドはコークに住んでおりますももと申します。今回はアイルランドの冬をちょっとだけお伝えできたらなと思います。

 このところ日本も一段と寒くなったようですが、こちらコークでも雪が降ったりと冬本番になってまいりました。風と雨と雪が交互に吹き付けてくるので、この国の冬はなかなか厳しいです。アイルランドの人は夏場に「この国はよく雨が降るから緑が綺麗なんだよ」と言いますが、やはり冬場は強い風もあってか景色も茶色く寂しい感じがします。

 コークの中心街は河が二股に別れまた一筋に戻る間の巨大な中洲のような地形で、海が近く、晴れて風の強い日などに橋の上に立てば潮の香りがします。冬の間は橋も風に吹きさらしで寒いことこの上ないですが、マフラーをぐるぐるに巻きつけて早足でメインストリートまで抜けて、人いきれでむっとする週末のパブに駆け込むのも冬の楽しみです。ギネスを数パイント飲んでしまえば、帰り道はそう寒くないでしょう。

 アイルランドの冬、如何でしょうか?観光名所であるたくさんの大自然を訪れるには夏が一番ですが、みぞれでベトベトになったコートを脱ぎながらビールを頼むのもアイルランドの醍醐味という感じがします。

 では皆さま冬本番、風邪にはお気をつけて。


ヒロシ

こんばんは!


キッチン担当のひろしです!
最近また一段と寒くなりましたね(>_<)

昨日、僕の地元ではお昼にみぞれが降っていました。寒い寒いと前回も同じようなことを言っていましたが、僕は冬は苦手で…(;_;)

さて、寒い冬でも皆さんの心と身体を暖かくする今日のオススメメニューの紹介をします!

肉厚椎茸の上にひき肉を乗せた『スタッフドマッシュルーム』です!ブロッコリーやニンジンなどの温野菜と一緒にどうぞ!

シャムロックの野菜はオーナーのハルさんの実家で採れた美味しい野菜を使用しています。

ぜひシャムロックのおいしい料理を食べに来てくださいね^ ^

ではまた!スロンチャ!


haruo

明けましておめでとうございます


シャムロック2017年もよろしくお願いします。

ふだんはプライベートな記事は書きませんが少しだけ年末年始のブログです。

大晦日は商売の神様で有名な岐阜県お千代保稲荷で2016年の報告とこれからの事を神頼みをし(笑)いつもの玉屋の串カツで御満悦!

年越しは同級生のお寺さんで除夜の鐘をつきながらみんなで深夜まで飲みました。


同級生の息子さん小学校四年生と将棋を指し完敗でした、年末に凹みました(≧∀≦)

昨年実家の畑に設置した電気柵のおかげで猿の被害もなく美味しい野菜もたくさん収穫してきまきたよ。


一度設置したら電流流れていなくても寄り付かないそうです。


今年も新しい品種など産直野菜を提供してもらえる両親に感謝です。

2017年もシャムロックでたくさんのご縁がありますようにスタッフみんなで努めていきますね。

よろしくお願い申し上げます。


ななこ

2017


祥風慶雲。

春先のように暖かな晴天で、穏やかな、とても良い元日でしたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。わたしは楽しくお酒を飲んでいます(つまりいつもと変わりありません)。
わたしがシャムロックに初めて来たのはもう少し前ですが、ひとりでカウンターに座ったのは昨年の春頃でした。ギネスビールに食べもの、スタッフさんにお客さんも素敵だなあ、と頻繁に通っていたのですけど、秋にはしれっとカウンターの内側に。

お客さんとして来ていた時もスタッフとなった今も、シャムロック、ひいてはお客さまがたには大変お世話になっております。これからはそのご恩をお返ししていけたらなと思っておりますので、みなさまどうぞよろしくお願いします。

と、少し真面目に書きましたが(年の初めですから)、次の投稿はおそらく映画や本の話など趣味全開になります。そちらもよろしくお願いします。

最後に。2017年がみなさまにとって良い年になりますよう。

ななこ


うーな

ありがとうとよろしくと


こんにちは。うーなです。ニックネームですが、アイルランド語でOonaghと書きます。私のことはまたの機会に紹介させていただければと思います。

さて、29日の年内最終日にはたくさんの方にご来店いただきありがとうございました。

見事にシフトを間違えていた私は、3時間の遅刻をかましました。

最後の日になんてこった。ご迷惑お掛けしました。。

見渡すと

セッションやライブなどで馴染みの方が遠方からも来て下さったり、御用納めの方、まだまだ年内勤務があるよという方。いつも通り、おのおの楽しんでいるようすでした。

カウンターでお酒を作りながらそんな光景を見てニヤニヤしておる私です。


昨日はスタッフ全員で店内の大掃除をしました。1年の垢を落としながら、それぞれに思い出を振り返っていたと思います。
2016年のシャムロックは街のイベントへ出させていただく機会がありました。

大ナゴヤ大学での授業、同じく「はたらく課」インタビュー。

セントパトリックデーでは大須商店街のパレードに合わせて出店。

円頓寺本町商店街クラフトマルシェ出店。
通常営業と並行しながらやりましたので、スタッフみんなの機転と体力が試される場面でした。主催者の方はもちろん、参加してくれたお客様にも、たいへん助けていただきました。

2月にはオーナーがインフルエンザという病に臥せりながらも、スタッフ全員で乗り切りました。

この時も、お客様に助けていただきました。


シャムロックはお陰様でアイルランド文化の発信基地のようだと言ってもらえることが増えてきました。パブ文化を心地いいと思っている方。アイリッシュ音楽を愛しているミュージシャンの皆様。名古屋からもアイルランド文化を盛り立てていこうと動いている皆様のお陰です。

これからもおごることなく、オーナーと一緒に、皆様にとっても私たちにとっても居心地のよいお店を作っていきたいと思います。
それでは

本年もたいへんお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

best wishes throughout the coming year


しおり

シャムロックコーク支部です。


皆様ご無沙汰しています!8月にシャムロックを卒業しアイルランドコークへと旅立ったShioriです。

初めましての方は今後シャムロックで会うことはほぼないかもしれませんが、このブログでアイルランドのこと、特に今住んでいるコークのことについてちまちまと発信して行くのでよろしければご覧になって下さい(^^)
さて、コーク生活も4ヶ月を過ぎ個人的な報告はたくさんございますがここで話していてはキリがないので、アイルランドのクリスマスについてでも書いてみようかと思います!

もうすでに季節遅れ感が出てしまっていますがアイルランドも欧米諸国と同じくキリスト教の国、クリスマスは盛大に祝われます。街はライトアップされコークのシティーセンターには観覧車が来ていたり公園がイルミネーションスポットになっていたりと錦を思い出させるきらびやかさでした。


しかしアイルランドのクリスマス(アメリカなどもそうですが)、私のような家族居ぬものにとってはとても孤独な1日なのです。。。

私の大学の友達は遠くから来ている子が7、8割ほどなので皆実家へ帰り、クリスマス当日はバス電車はもちろんスーパーやコンビニもどこも営業していないゴーストタウンなのです。完全に家が陸の孤島と化します。

私は以前のダブリン生活で経験していたので今年のコークでのクリスマスはもう一人のシャムロックコーク支部員ももちゃんとシャムロックセッションにも来たことのある関東の某ミュージシャンの方と我が家でホームパーティーをしました!

いざ買い出しに行ったら決まったメニューはお鍋、生姜焼き、手羽先とクリスマスディナーのはずが日本の家庭料理パーティーになってしまいましたが楽しくクリスマスを過ごせてよかったです。

こちらはアイルランドのクリスマスケーキ。ポーターケーキと呼ばれているこちらはギネスを使ったケーキで12月に入ったタイミングで皆作り始め、クリスマスの日まで熟成させる絶品ケーキです。はるさん、もちろんシャムロックでも出してますよね(^-^)??笑


ちなみにアイルランドの大晦日は朝まで呑んでどんちゃん騒ぎしてお正月は1日寝るというのが基本的な過ごし方です。私は大晦日の夜はありがたいことに演奏の仕事が入っているので気合を入れてやってきたいと思います!

日本では年越しカウントダウンの定番曲って何も思いつかないですが、こちらではAuld Lang Syneという歌を歌います。この曲、ご存知の方はご存知だと思いますが「蛍の光」の原曲です。日本だと夕暮れ時に流れるこの曲が元はクリスマスや年越しに歌われる曲だったのですね〜。

こちらの友達に「日本の子どもたちはこの曲を聞いたらお家に帰るんだよ」と話すと”That’s gas!!!!”と言います。”gas”は多分こっちの方言でfunnyみたいな意味ですね。

三が日中にまた日本人で集まってお雑煮パーティーをする予定です〜。

それでは皆さん、来年も良いお年を!
Shiori


1 6 7 8 9