はるか

かきかけの


いくつかカキカケのまま、時を過ごしていました。
お久しぶりの はるかです。

近頃は読書にハマっています。
昔々から朝から夜中まで、時には朝まで、本を読んでいるような暮しをしていました。
ここ数ヵ月で読んだのは 住野よるさんの青くて痛くて脆い、小川糸さんのキラキラ共和国です。

未熟な正義感と葛藤が強い、青くて痛くて脆い
ほのぼの心を暖かくする、キラキラ共和国
印象は対称的ですが、どちらも言葉が近くにあって、読んだだけでは終わらせてくれない、そんなお話でした。

何かお勧めがあれば、聞かせていただけると嬉しいです。
読みたい気持ちが強い時に、バーっと読んでしまいたい。

それでは。