ななこ

日々雑記


いい季節になってきましたね。

少し前に映画を観ました。何を隠そう、わたしは映画が好きです。大好きなのですが、ここのところ飲み歩きや遠出をするようになった事もあり、家ではともかく映画館で観るという機会がほとんどなくなっていました。

そんな中観たのは『ブレンダンとケルズの秘密』。わたしは気に入るととにかくなんでも繰り返し観る癖があります。例えば『シン・ゴジラ』は劇場で5回ほど鑑賞しましたし、Blu-rayを購入して未だに観続けています。そういうわけで今回この映画を観るため何度も劇場へ足を運びました。

『ブレンダンとケルズの秘密』は、実在する書物でありアイルランドの国宝で、世界で最も美しい本とも言われる『ケルズの書』を題材としたアニメーション映画です。

フィクションではありますがアイルランド、スコットランドやその近海、書物についての史実、またケルトの伝説が織り交ぜられたもので、物語もとても素晴らしかったです。特筆すべきはやはりアニメーションの美しさ。ほとんどが手描きで作られているこの作品なのですが、細部のきらめきが美しく、吸い込まれるようでした。

日本でのDVD、Blu-rayの発売は未定のようですが、機会があれば是が非でもどうぞ。

今回足しげく通ったのが、今池のシネマテークさんです。味のある劇場、味のある上映作品。わたしもよく出没します。


シャムロックでシネマテークさんの会員証をご提示いただくとひとしなサービスがございますので、お持ちの方はぜひ。

ななこ