haruo

七夕のお願い事


7月7日は七夕でした

今年もシャムロックでは皆さまに短冊に願い事を書いて頂きました。人それぞれ様々な願いがあり見ていて楽しいですね


やはり圧倒的に健康の事や現状打破の願い事が多いですね

この書いて頂いた願いの短冊をその後どうされるのか毎年聞かれますが当店では七夕に関連される神社に持っていっております

多奈波太神社(たなばたじんじゃ)

愛知県名古屋市北区に鎮座する神社。

戦国時代に織田信長による焼き討ちで社殿とともに伝書などを焼失したと伝わり、延喜式神名帳に山田郡 多奈波太神社と記された。名古屋城築城の際、替地によって現在地に遷座したとも伝わる。江戸時代には名古屋東照宮の管理下に置かれ、寛永年間には尾張藩により新たに社殿が建てられた。旧暦七月七日の例祭には藩主が訪れ、一般民衆にも垣内参詣が許されたといい、当時の様子は「尾張名所図会」に描かれるなど、多くの記録が残る。


主祭神は天之棚機姫命で、古書にも「例祭7月7日の夕は燈を掲げて諸人参詣す」とあり、大正頃までは七夕の短冊飾りも盛大で、技芸上達の祈願で雑踏した。藩政時代は、東照宮の管轄で一般人は柵外よりの参詣で例祭日だけ垣内参拝を許されたそうです。

そんな感じで

今年も皆さまが健康で美味しいお酒が飲めますようにとお願いして来ました(^^)